Private residence

in Tokyo

Category : Renovation of residence

Overview of this project

高台に建つ、 
段々に連なる造形が特徴的な築30年のレトロマンション。
開放的で広いデッキからは空と街が一望できる。

藤江邸_9.jpg

改装前の奥内は、床壁天井オールチーク無垢材、
照明も少なく全体的に暗い印象。
キッチンなど水回りは古い海外メーカーのものでした。

施主からの希望は奥内をとにかく明るく、
豊な緑を感じる住まいにしてほしいというリクエスト。
ご夫妻はよくヨーロッパを旅し、
特に地中海に面した温暖な気候で、
欧州とイスラムの文化が共存したような雰囲気が好きというお話も伺っていました。

藤江邸_10.jpg

天井に高低差をつけ、いい飴色の既存のチーク材をうまく残しつつ、柔らかいニュアンスカラーの左官やモルタル壁で明るさと抑揚をつけ、照明計画もさりげなく印象的に。

エクステリアの造園は、マンションの厳しい規制に苦戦しましたが、テラスは大きなオリーブの樹木を始め異国情状を感じつつ四季折々の花が愉しめ、他のコーナーも、共用部の植栽と共存する、
門傍は清涼感ある軽井沢の雑木林をイメージしました。

IMG_4676.jpg

キッチンを含む水回りはフルリノベーションし、見た目の美しさもさることながら、収納などストレスを感じない機能性も追求。
上質な素材のテキスチャーを感じるシンプルモダンでリラックスできる開放感ある空間になりました。

藤江邸_7.jpg

Tile:Belgian manufacturer

壁面のタイルはベルギーのメーカーの

モロッコでつくられているフェズタイル。直接メーカーから取り寄せました。不揃いな表情が温かみを感じさせてくれます。

Dinning Table:Custom-Made

Bench:Custom-Made

Pendant Lamp:French Brand

オーク無垢材のダイニングのテーブル、壁面側のベンチは特注にて弊社で設計、制作させていただきました。ペンダントランプはフランスのメーカーでチュニジアでつくられています。キッチンのタイルもそうですがディレクションしているのがヨーロッパ人の為、土着的になりすぎずモダンな印象を与えてくれるデザイン。ランプは大きいサイズのものは当店に在庫ございます。

IMG_4609.jpg

Coffee Table:Order Made

リビングの大理石のトップのコーヒーテーブルは特注品。ソファーに合う高さにデザイン・制作。アクセントになっている1人掛けのアームチェアはオランダ製1960-70年代のヴィンテージ。

藤江邸_3.jpg
藤江邸_2.jpg

​Arm Chair:Vintage

IMG_4648.jpg

Flower Vase:Henry Dean

​Object:Kanehen

棚には作家ものの花器やアートオブジェ、植栽などをスタイリング。

ぽってりとした有機的なフォルムのガラス花器はベルギーのHenry Dean。当社のSHOPでは毎年POP UPを開催しています。

卓上モビールの作家、Kanehenも2021年 当店にて個展を開催していただきました。

また来年も当店にて企画展予定しております。

IMG_4613.jpg
藤江邸_10.jpg

Art:Custom-Made

アートは旅好きの施主の思い出の地、ヨーロッパ、地中海を中央に配置した地図を油絵の抽象画としてオーダーメイドで制作。

Shoe Cabinet:Custom-Made

Bench:Custom-Made

​Table Lamp:Italian Vintage

IMG_4564.jpg
IMG_4553.jpg

2室あるトイレをそれぞれ違うテーマで改装。客室用はスタイリシュなデザインに。

Wall Lamp:Vintage

IMG_4534.jpg
IMG_45342.jpg

Head Board:Custom-Made

Side Table:Custom-Made

Bench:Custom-Made

Wall Lamp:ANGLIGHT(Original Lamp)

1.jpg

寝室から見える切り取られたような箱庭は和モダンと全体的な調和を考えながらも多様に愉しめるようプランニング。

結果、朝目覚めた時に箱庭に入る朝日を感じ、リビングダイニングからは日の入り、食後はテラスで夜景を見ながら珈琲が愉しめる。都市生活者でありながら、自然の機微を愉しめる住居になりました。

IMG_4747.jpg
IMG_4731.jpg