サイザルバッグとは?

about Sisal Bag

ケニアではサイザル麻で編むカゴ作りが盛んです。

サイザル麻はリュウゼツランという植物の葉の繊維で、実は麻の仲間ではないのですが、もっともポピュラーな繊維である「麻」と、その繊維が積み出されていた港の名前「サイザル」から名づけられました。

乾燥した土地に育つたくましい植物で、その葉を刈り取って繊維をとりだし、糸に撚って、編みあげる、すべての工程が職人による手作業で行われています。

丈夫で通気性がよく、バッグとしてはもちろん、インテリア・収納アイテムとしても人気があります。

サイザル麻のバスケットは、ケニア内陸部に住むカンバ族の女性の手仕事。
カンバ族はケニアにある42の部族中5番目の人口数で全体の10%ほどを占めています。

ケニアの首都ナイロビから少し離れたマチャコス、キツイ地方の職人たちの手によるものです。

彼女たちは家事、育児、畑仕事のかたわら、おしゃべりしながら、店番しながら、
歩きながらでも、バスケットを編んでいます。

サイザル編みの技術は母から娘へと伝統的に受け継がれます。
しかしながら、バスケットを編むのは地道な作業。
ファインウィーブと呼ばれる、完成まで1~2カ月とかかるものは
熟練の職人にしか作れず、高齢化によりその作り手が少なくなっています。

​S H O P   I N F O

実店舗の営業日はこちらからご確認ください

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトPinterestのアイコン